総量規制対象外!それがレイクの魅力です

消費者金融のキャッシングを利用する時などに耳にすることがある総量規制ですが、それは簡単に言うと、「年収の三分の一を超える借り入れはできない」という目的です。やはりキャッシングオフィスからするならば、「年収の三分の一を超える融資をしてはならない」という意味になります。それはクライアントの借り過ぎやキャッシングオフィスの貸し過ぎを防止するために、貸金業法によって定められた意外と真新しい常識の一種です。
ですから総量規制とは、サラリーマン金融や消費者金融のような貸金団体にのみ適用される常識なのです。それゆえ貸金業法ではなくて銀行業法が適用される一流大都市銀行などのカードローン小物は、総量規制対象外ということになります。ですから、ただただ「金融機関からお金を借りる」と言っても、それだけでは総量規制に抵触する借り入れかどうかは誰にも分からないのです。
こんな総量規制ですが、いよいよクライアントにとっては不都合に感じることが多いものです。確かに少額の借り入れだけなら、規制があってもなくても過半数関係ないと言えるでしょう。しかし、相当まとまったお金が必要になったスタイルなどは、総量規制に引っ掛かると困ることもあります。
たとえば100万円のお金が必要になったユーザーがいるとします。しかしその人の年収が300万円に満たないとしたら、貸金団体からは借りられません。そこで銀行カードローンなどを利用しようと思って申し込んでも、銀行は貸金団体に比べると審査のハードルが良い傾向があります。それゆえに審査に落ちてしまって借りられないということも現実に出てきてしまうのです。
そんな時、案外審査ハードルの小さい消費者金融でありながら総量規制対象外のキャッシングがあれば、クライアントにとっては非常に大きな魅力があると言えるでしょう。実はあんな消費者金融があるのです。それがテレビジョンCMなどでお馴染みのレイクです。産業最大手のオフィスの一つであるレイクが、どう総量規制対象外なのかというと、貸金業法ではなくて銀行法によって運営されている金融機関だからです。
ですからレイクであるならば、年収300万円のユーザーでも100万円の借り入れができる不安はあるのです。当然全ての借り入れには審査がありますので、現に100万円手に入れられるかどうかは審査成績順序となります。しかし、総量規制ゆえに無条件で貸してもらえないということはありません。お金に困っている人の状勢になって考えるなら、それだけでも大きな恩賞であると言えるでしょう。レイクカードローンは無利息ローンサービスがある